Vol.01
青木さん 
URUOI FACTOR 企画運営 

 19歳で化粧品会社に入社後、22歳でマネージメントや教育担当に。現場で働く中でパンフレットや企画に対する仕事に興味を抱き、会社を退社後はPCのスクールを通いなおし現在に至る。
今日はそんな青木さんに化粧品会社での企画のお仕事はどんなものか、これまでの道のりについても伺いました。

 


Q1 この仕事を志したのはいつから? そのきっかけは? 

青木:これはテスト用テキストです。私たちの仕事は、「今ないものを作っていく」仕事です。これから取り組んでいく領域は、不動産やインバウンドには縛られないかも知れません。仲間として必要な素養は、「自律性」「事業家マインド」「諦めの悪さ」。ゆくゆくはみんながそれぞれ事業の責任者として
複数の事業を束ねるような会社になっていきたいと思っています。「会社」というより、「事業家集団」ということばの方が、もしかしたら似合うかも知れません。

 

Q1 この仕事を志したのはいつから? そのきっかけは? 

青木:これはテスト用テキストです。私たちの仕事は、「今ないものを作っていく」仕事です。これから取り組んでいく領域は、不動産やインバウンドには縛られないかも知れません。仲間として必要な素養は、「自律性」「事業家マインド」「諦めの悪さ」。ゆくゆくはみんながそれぞれ事業の責任者として
複数の事業を束ねるような会社になっていきたいと思っています。「会社」というより、「事業家集団」ということばの方が、もしかしたら似合うかも知れません。

 

Q1 この仕事を志したのはいつから? そのきっかけは? 

青木:これはテスト用テキストです。私たちの仕事は、「今ないものを作っていく」仕事です。これから取り組んでいく領域は、不動産やインバウンドには縛られないかも知れません。仲間として必要な素養は、「自律性」「事業家マインド」「諦めの悪さ」。ゆくゆくはみんながそれぞれ事業の責任者として
複数の事業を束ねるような会社になっていきたいと思っています。「会社」というより、「事業家集団」ということばの方が、もしかしたら似合うかも知れません。